「トニックウォーター」に関して、どう感じる?「事実」って、普段ではどう思われているのかな?別に考察するってことも無いよ。

自信を持ってお喋りする友人とよく冷えたビール

偶然は何時でも農夫の味方


HOME



風の無い祝日の明け方に焼酎を


絵画や写真など芸術が好きな方だと思うし、絵もまあまあ上手なのに、写真が非常に苦手だ。
でも、前、機嫌よく、オリンパスの一眼を持ってた時期もあって、なにがなんでも持ち歩いたりした。
笑えるほどピントが合ってなかったり、変なアングルなので、一眼レフがあきれているようだった。
それは良いとしても、カメラや加工はやっぱりとても、かっこいいと思っている!

無我夢中で体操する家族と穴のあいた靴下
煙草を吸う事は脳に良くない。
と言う事実はあるものの、理解していても買ってしまうという。
以前、仕事で出会ったIT企業の取締役の年配の方。
「この体が元気なのは、煙と酒のおかげです!」なんて明るく言っていた。
こんなに堂々と聞かされるとできない脱ニコチンはしなくてもいいのかも・・・と思う。

ぽかぽかした仏滅の早朝は食事を


いつも、自宅で個人で出来るような仕事して、繁忙期に声があると外に仕事に参加する。
たった、ひと月に何回が、最高にめんどく感じてしまう。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうとか。
行くと頑張るけれど、多くの人間に囲まれて、団体で業務を行うのは大変だ。
そう親に相談すると、気持ちは分かるけれど、とクスクス笑っていた。

ゆったりと泳ぐあなたと突風
仕事で、日光市へ行くことが頻繁にあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、背の高い山々に囲まれている。
もちろん、寒くなると雪が積もり、除雪車やチェーンが必須だ。
秋に差し掛かると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、帰ってきてからまた2泊3日というパーターンがとても多く、ニュースなどで日光が登場すると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は行ってほしい県だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、観光客のメインはやはり日光東照宮。
江戸を治めた徳川家康の墓があるところで、独特な雰囲気に驚かされる。
あと、山の奥にある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉とのことで、白く、熱めの温泉。
この温泉を浴びると冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元を目標に湯治客が集まったそうだ。
情景が思い浮かべられる歴史深いここ栃木県の日光市。
ホテルの紹介も兼ねて、ガイドブックにもたくさん載っている日光へ、再び行ってみたいと考えている。

薄暗い週末の晩はシャワーを


ちかこが、自分の部屋のベランダで、ミニトマトを作っている。
実ったらトマトスープを作りたいそうだ。
育てているとは言うものの、まめに水分を与えないし、近くでタバコをふかすので、彼女のトマトの周りの空気は少しも良くはない。
丸2日、何も与えていないと言う時の、ミニトマトの見てくれは、葉っぱがだらりとしていて、人間ががっかりしている様子に似ている。
気の毒になったので、水を豊富にあげると、あくる日の明け方のトマトは陽気に復活していた。

涼しい休日の朝に窓から
最近、業務や家の中の事に手一杯で、なかなかゆっくりできる時間が持てない。
ちょっとだけ時間が持てても、なぜか次の仕事の納期など、今後の締切が頭にある。
そんな中、一日休みがもらえると、かなり嬉しくなってしまう。
よ〜し、この少しだけ休日をどうやって使おうかと。
結局いつも、あれも、これもしたいといった願いのみが募り、完全には達成できない。
そして私はゆっくりペースなので、気付けば時間は経過。
時は金なり、とは本当に事実だと思う。

笑顔で自転車をこぐ兄弟と枯れた森


何かおくりものを思いつかなくてはと考えている。
記念日が近くて、家内に何か贈り物を渡したいのだがとっても良いプレゼントが思いつかない。
家内に何か欲しい物があればいいのだが、たいして、物欲が存在しないので、欲しい物が考え付かない。
とは言っても、妻に気づかれない様に嬉しがりそうなものを見つけて驚かせて喜ばせたい。

のめり込んで大声を出す妹とファミレス
やりたくはなかったけれど、スポーツくらいわずかでもしないとなとこのごろ考える。
勤め先が変化したからか、近頃、体力を使うことがすごく少なくなり、体脂肪がたいそう上がった。
それから、30歳になったのも関係しているかもしれないが、腹にぶよぶよと脂肪がついていて、大変恥ずかしい。
ある程度でも、意識しないとやばい。

熱中して歌う弟と暑い日差し


ネットニュースをいつも眺めるけれど、新聞を読むのも好きだった。
今は、費用がかからないで見れるネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国の債務不履行になるかもというニュースが気になる。
デフォルトになるわけないと思うけれど、もしなったら、どの国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

悲しそうに叫ぶ兄弟と夕立
梅雨も終わり、今日セミが鳴いているのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
もうすぐ夏休みという休日の午前中、少年は縁側に座ってアイスクリームを食べていた。
頭上では風鈴がときおりチリリンと音を立てた。
いつにも増して暑い日で、日光が座った少年の足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンだった。
顔中から汗が流れ、アイスも溶けて垂れてきた。
少年は、近くにある市民プールのプール開きを待ち焦がれていた。




Copyright (c) 2015 偶然は何時でも農夫の味方 All rights reserved.

▲TOP