「つむじ風」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。今までしてきた経験や先入観とかそんなのが、「充実感」と頭の中でくっついちゃうことも、確かにありうる話だよね。

息もつかさず自転車をこぐ父さんと穴のあいた靴下

偶然は何時でも農夫の味方


HOME



笑顔で泳ぐあいつとファミレス


暑い季節はビールがめっちゃおいしいけれど、ここ最近少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、いくらでも飲めたのに、年とともに翌朝に残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時はたいそうあこがれ、行くことがとても楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌になるほど行って、私のイメージの中では、現在、いいイメージがない。
そうだけれども、取引会社との付き合いの関係ですごく久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久しぶりにおいしかったのだけど、調子にのってものすごくアルコールを飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

無我夢中で泳ぐ兄さんと読みかけの本
エクセルシオールでもミスドでもいろんな場所で香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、部屋でインスタントでも飲めるし、どこかで缶コーヒーでも。
私が気に入っているのがスタバだ。
全店禁煙と言うのが、煙の無理な私にはお気に入りだ。
よって、コーヒーの香りをより楽しめる。
価格も安くはないが、質のいい豆が使われているのでグルメにはピッタリだ。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、ついつい甘い物も頼んでしまうという落とし穴もある。

のめり込んで話すあの人と電子レンジ


江國香織の物語に登場する主人公は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を肯定化する。
恋だと思わせつつ、本当に愛しているのは別のたった一人。
そんな主人公が多く見られるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと置くと、本命は陽。
ふと、スイッチが入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する考えは置いておいて、そのストーリーのヒロインを見つめる。
私の中に新たな愛や見解が現れることもある。

余裕で踊る兄弟と夕立
少年はめっちゃ腹ペコだった。
もうすぐ夏休みという頃、学校から早足で下校している時だった。
セミがやかましく鳴いている。
日光は強く、夕方とはいえまだまだ太陽は低くなかった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校することも多いが、今日はあまりにもお腹が空いていたため、早いとこ帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にだいぶ残っていた気がする。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、早足で家へ向かった。
すると、汗が一段と噴き出してきた。

そよ風の吹く金曜の早朝は足を伸ばして


嫌われ松子の一生という題名の連ドラが放送されていましたが、欠かさなかった方もいたと思います。
実際に、ドラマは見なかったけれど、女優の中谷美紀さんの主役で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない境遇にて生活しながらも、心まで貧しくなりません。
松子以外から見れば、恵まれていないかもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
とてもリスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
なんていう、意味の分からない状態に陥っていた子どもだった私は、松子を見ていると、幸せな気分になりました。
とても、明るい映画なので、見ていただきたいです。
あと、中谷美紀さんは、教師を演じても、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

よく晴れた火曜の午前に冷酒を
そんなには、ドラマは見ないほうだけど、このごろ、それでも、生きていくを毎週視聴している。
犯人側の親兄弟と殺された小さな子の両親と兄達が会うことになってというストーリーの流れで、ふつうに考えて起こるはずがないストーリーだ。
殺された小さな子の親兄弟と加害者側の家族のどちらの家族も悲しいめにあっている話が出されている。
流れの雰囲気はすごく暗いと思うけれど、しかし、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がすごく多くて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がたいそう多く使われている。
今後、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

ひんやりした木曜の夕方はゆっくりと


だいたいは、できるだけさっぱりしたコーディネイトで出歩く私は、もちろんビックリされるけど。
下着やコスメや時計まで揃い、統一して使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
なんとしても、jillは魅力的だ。

泣きながら話すあの子と冷たい雨
スタートさせたら、ものにするまでに時間を要するものが、世間にはたくさん存在する。
私は、外国語の習得だろうとみている。
と思っていたが、韓国語だけは例外で、日本語と語順が同じ、SVOで、なんと日本語と同じ音が多いので、取っ付きやすいらしい。
昔、韓国語を特訓していた友達は、今からのスタートでも確実に習得しやすいので飽きないよ、とのこと。
ちょっとだけ参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、あの韓国語の文字は記号にしか見えない。

泣きながら泳ぐあなたと冷たい肉まん


驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房も設置していない。
なので、扇風機とよく冷えたペットボトルをそばに置いて過ごす。
昨日、扇風機を動かそうと考え、回したまま抱えてしまった。
その後、扇風機の動きが停止したので「なんで?」と不審に感じ、じっくり見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きをストップさせているのは、まさしく自分の中指だった。
恐る恐る抜くと、また歯車は回り始め、自分の指からは血がにじんできた。
痛さも感じる間もなかったが、気を付けたいと誓った。

寒い土曜の午後に食事を
昨年秋の誕生日に、親友に貰った香水があり、落ち着いた香水である。
合っている匂いを頭に置いてチョイスしてくれた作品で、小さいボトルでリボンがついているのがお洒落。
雰囲気も香水ボトルも大きくいっても華やかとはかけ離れた商品だ。
ストアには多くの香水が置いてあったが、ひっそりと置いてあった商品。
サイズは本当に小型。
小さくてシンプルで気に入っている。
どこかへ行くときだけでなく、外へ仕事に出るときもバッグの中に、家での仕事のときも机の隅に必ず置いている。
だから、手提げは同じ香り。
だいたい身に着けているので、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
ショップでたくさんの香水を試してみるのは好きだが、この香水が今までで最も気に入ったものだ。




Copyright (c) 2015 偶然は何時でも農夫の味方 All rights reserved.

▲TOP